男性と女性

いろいろな方面から販売促進活動を行なって集客しよう

商品販売を支援する活動

オフィス

宣伝から購入まで

企業は様々な新商品を発売します。しかし黙っていても販売数を伸ばすことはできません。販売促進活動を的確に行う事によって販売数を増加させ、売上拡大へとつなげるのです。そのため製造部門において商品を作るとともに販売部門においては販売促進活動が極めて重要なビジネスになるのです。販売促進は、店頭で開催されるものだけではありません。広告や宣伝によってより多くの消費者に商品を認知してもらう事からスタートします。しかし宣伝だけを行っても消費者の重い腰は上がりません。そのため来場イベントなどを開催し商品を直接見て触れてもらう機会を行います。これがイベントの実施です。しかしこれでも消費者の財布は固いままなのです。

一貫した計画

販売促進活動の目的は商品を購入してもらう事です。売り上げが上がらなければ、高いコストをかけて販売促進活動をする意味合いがないのです。そのため購入してもらえるような施策を行います。これがグッズのプレゼントやノベルティグッズの活用です。もちろん店員の接客なども販売促進の一角です。そのため広告宣伝から実際の店頭販売まで一貫した計画を立てる必要があります。興味を持ってもらった顧客を逃すことほどもったいないことはありません。確実性を高めるために次々を販売促進を行い、販売までルートを確定させることが最も効果的な方法になります。最近はインターネット上でも同様のスタイルで販売促進活動が進められているのです。

多様化ニーズを包括管理

女の人

コールセンターのシステムは電話をとる、そしてその履歴を残すという流れを管理するのが一般的でした。しかし、メディアの普及や多様化によりその要望は拡大しているのです。都度対応する部署を増設する事が一般的でしたが、最新の流れではこれを包括的に管理できるシステムが主流になっています。

クラウド活用したシステム

PC

営業部門における案件管理は、個人にゆだねられることが多いため、会議報告などを通じて管理することが一般的でした。しかし最近は案件管理システムの導入などを行い、リアルタイムで確認することができるクラウド型サービスが主流になっています。

話題の名刺管理システム

複数のパソコン

sansanは名刺を管理するためのシステムとして、多くの企業が利用しています。営業の仕事に役立ち、多くのビジネスチャンスを生み出すシステムとして評判になっています。スマートフォンからでも利用できる手軽さもあります。