クラウド活用したシステム|いろいろな方面から販売促進活動を行なって集客しよう
ウーマン

いろいろな方面から販売促進活動を行なって集客しよう

クラウド活用したシステム

PC

個人管理から社内管理へ

営業における案件管理は、個人の手帳に記載して管理する方法が一般的でした。そして社内では、上司や社内関連部署に連携するために、専用のフォーマットを用いた形で案件管理をするのが一般的です。しかし案件が紙ベースで管理されるため進捗状況の把握が遅れたり、リアルタイムの管理ができないこと、さらには案件数が多くなると管理しきれないなども問題が生じます。そのため案件管理も現代ではクラウドサービスを利用したデータ管理が主流になっています。案件状況をデータベースに保存し、現在の進捗状況、担当者などを入れておきます。この情報は上司や関連部署すべてが把握することができるのです。またアポイントなどの訪問スケジュールも同期することができます。

リアルタイムで確認

案件管理システムを利用することで、案件の澪の賀詞などを防止するとともに、今後売り上げにつながりそうな案件の合計をすぐに算出できるなど社内での運用管理が明確になるメリットがあります。クラウドサービスを利用することでいつでもだれでも確認する事ができますが、その分のコストもかかることを認識していく必要があります。専用の案件管理システムを導入するのであれば、構築費用と運営管理費用が掛かります。また、個人に専用の端末を持ち歩くことを推奨するのであれば、それに対する費用も掛かることを認識しておく必要があります。しかし案件管理がスムーズにいくことでコスト以上の売り上げを確保することができるのであれば、メリットは高くなります。